社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
302/344

大学・名古屋市立大学:2名、筑波大学・北海道大学・高知大学・東海大学・札幌医科大学・岩手医科大学・福井大学・東京大学・東京女子医科大学・北里大学・杏林大学・愛知医科大学・藤田保健衛生大学・東北大学・産業医科大学・聖マリアンナ医科大学・奈良県立医科大学・鳥取大学・宮崎大学・鹿児島大学・九州大学:1名全国各地の大学から医学生が見学に訪れた。2)専門医コース医師(後期臨床研修医)●23年度専門医コース医師(後期研修医)6名採用決定菅沼和樹(救急科/相澤病院)大森隼人(外科/相澤病院)高橋祐輔(外科/仙台赤十字病院)朱田博聖(救急科/千葉県立病院群)石田正高(腎臓内科/山田赤十字病院)福井公哉(整形外科/竹田綜合病院・VHJ留学)●専門医コース(後期臨床研修)説明会/ブース訪問者数5月28日相澤病院専門医コース(相澤病院)13名6月13日レジナビフェア(東京会場)13名7月4日レジナビフェア(大阪会場)1名(小林茂昭)相澤シミュレーションセンター1.概要・スタッフ構成医学研究研修センターの一部署として位置付けられている。担当は4〜12月:金子院長補佐、1〜3月:星野院長補佐であった。2.今年度の取り組みと成果メインルーム(主として看護系):177回/1371名、ルームA(主として感染対策):102回/744名、ルームB(主として脳外科・マイクロ):47回/116名、ルームE(主として脳外科・カテーテル):59回/154名であり、シミュレーションセンター全体では385回、延べ2385名の利用があった。(星野淳一)図書情報センター1.概要・スタッフ構成平成18年12月1日、医療関係図書及び医療関係情報の利用の充実を図る目的で、慈泉会医学研究研修センターに設置された。図書情報センターの設置に伴い、相澤病院図書委員会を改組し、慈泉会図書委員会とし相澤病院図書委員会規定を廃止し、慈泉会図書委員会規定を制定した。平成20年6月2日に慈泉会図書室利用規則ならびに図書室利用細則を制定した。平成21年10月1日に図書室管理細則を制定した。新医局棟の完成に伴い、平成20年4月に図書室をE棟2階に移転。活動報告―292―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です