社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
295/344

供している。難病や小児、癌末期など医療保険での訪問看護が約3割を占め、医療依存度の高い利用者や困難事例も多い。指示医は地域の病院や開業医が約90%、相澤病院が約10%となっている。スタッフ平成23年3月現在常勤看護師2名非常勤看護師6名2.今年度の取り組みと成果実利用者数は114名となり、月平均訪問件数512件(前年度平均438件)の実績をあげることができた。※グラフ参照様々なニーズに応えていけるようサービスの質の向上を図るために、研修会への積極的な参加を促し、事業所内での勉強会や症例検討会を定例化している。また、地域の診療所や居宅介護支援事業所など、様々なサービス事業所との連携に心がけ、事業所の特性でもある訪問リハビリとの連携に努めている。今年度電子カルテを導入し、訪問時の記録や報告書等をタイムリーに指示医が電子カルテで確認でき、情報共有やスムーズな連携に有効利用できるよう取り組んでいる。������������������������������������������������������������������������������������������地域在宅医療支援センター―285―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です