社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
292/344

相澤訪問看護ステーションひまわり1.概要・スタッフ構成訪問看護ステーションひまわり看護科(松本)は、松本地域に住む方を対象に、疾患や障害があっても安心してご自宅で過ごすことができるように、看護師がご自宅に訪問し、ご本人や介護するご家族を身体的・精神的にサポートしていきます。スタッフは常勤6名・非常勤11名と松本地域では規模の大きいステーションに成長しました。そのため昨今の超高齢社会・核家族・老老介護・独居など多様な家族形態にも対応し、また、医療的ケアが多い方やターミナルや難病で訪問頻度が高い方にもスタッフが協力し対応できるようになっています。≪2010年度利用者動向≫�������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������2010年度は、実利用者数・訪問件数ともに前年度を上回り、支援センターの収益にも貢献できました。利用者の内訳は年齢別では80歳以上で全体のほぼ60%を占めています。保険別では、医療保険が全体の14%前後を占め、残りは介護保険利用の訪問看護となっています。介護保険では要介護3〜5の中・重介護度で全体の60%を占めています。主治医は、相澤病院が在宅医療支援の充実・拡充を目指している背景を証明するように、その比率は相澤病院:他の病医院=20%:80%と地域のかかりつけ医が主治医である比率は年々高くなっています。活動報告―282―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です