社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
285/344

地域在宅医療支援センター1.概要・スタッフ構成施設地域在宅医療支援センター松本市本庄2−10−21相澤居宅介護支援事業所相澤訪問看護ステ−ションひまわり・安曇野サテライト相澤訪問リハビリテ−ションセンターヘルパ−ステ−ション「グリ−ン」通所リハビリテ−ション「歩み」通所リハビリテ−ション「歩み」2階増築(H22年9月1日より)地域在宅医療支援センター塩尻塩尻市大門桔梗ヶ原79−2(H23年1月22日センターとして開設)相澤居宅介護支援事業所しおじり相澤訪問看護ステ−ションひまわり塩尻スタッフ介護支援専門員16名・パ−ト3名訪問看護師9名・パ−ト19名訪問PT・OT・ST46名・パ−ト5名介護福祉士8名・パ−ト5名ヘルパ−2級2名・パ−ト5名事務職員4名・パ−ト1名合計123名2.今年度の取り組みと成果1)相澤病院が地域医療支援病院としての機能が果たせるよう病院の後方部隊として、在宅で活動を展開しています。多くの需要を受け、新しく開設した事業も順調に推移し、規模の拡大を続けています。・通所リハビリ「歩み」2階へ増築、通所リハビリの規模を20人→40人へ。・塩尻の事業所(訪問看護ステ−ション・居宅介護支援事業所)を地域在宅医療支援センター塩尻としてセンター化し、塩尻地区における在宅の拠点を目指し活動を開始。2)ひまわり交流会松本市浅間温泉文化センターにて開催・春平成22年6月12日(土)参加者138名・秋平成22年9月25日(土)参加者113名(水野悦美)地域在宅医療支援センター―275―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です