社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
275/344

⑤院内勉強会の開催⑥褥瘡学会への発表⑦褥瘡に関する運用細則の検討⑧褥瘡管理システム導入準備3.学術・研修第7回日本褥瘡学会関東甲信越地方会学術集会会期:平成22年5月29日会場:長野県民文化会館演題:モイスキンパッド®の使用経験発表者:鳥羽慶子第7回日本褥瘡学会関東甲信越地方会学術集会会期:平成22年5月29日会場:長野県民文化会館一般演題4ポジショニング座長若林あずさ第12回日本褥瘡学会学術集会会期:平成22年8月20日・21日会場:幕張メッセ演題:褥瘡対策チームにおける薬剤師の活動発表者:林健太郎(菊池二郎)●糖尿病療養支援チーム●糖尿病療養支援チーム1.概要・スタッフ構成本院における糖尿病診療の充実、糖尿病診療における地域貢献、すなわち病診および病病連携の充実、および本院スタッフのレベルアップを目指して活動する。スタッフ舩瀬芳子相澤徹小山貴夫中野和佳矢野目英樹高山政幸小林幸子文沢靖上條泰弘中村久美百瀬三千代田中智水山田和歌子百瀬瑞恵亀田直美鳥羽慶子駒井愉佑子村上典子笹井明子高林祐美子西村直樹石黒あゆ美下野戸いつか古市慶子伊藤隆哉関谷俊一唐澤枝里子矢野目英樹2.今年度の取り組みと成果糖尿病療養支援チーム会議12回開催(毎月)糖尿病療養支援チーム細則の改訂。〜外来患者支援業務〜医師の診療に糖尿病療養指導士が支援を行いました。具体的な内容は患者さんに対する医療面接と評価。医師の指示に基づいた指導。カンファレンスが必要な患者さんの抽出。その実施及び次回以降の指導にフィードバック。相澤病院―265―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です