社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
255/344

規定の制定・改定等平成22年4月1日電子カルテ内の薬剤管理指導記録に関する規定改定平成22年4月1日診療情報の提供に関する規定改定平成22年4月1日特殊看護記録の記載に関する規定改定平成22年4月1日電子カルテ内の医療ソーシャルワーカー相談援助記録の記載に関する規定改定平成22年4月1日入院診療計画書運用規定改定平成22年4月1日電子カルテ内の視能訓練士記録に関する規定制定平成22年8月4日患者基本情報の登録に関する運用規定改定平成22年9月16日退院療養計画書および退院証明書運用細則改定平成22年11月1日退院療養計画書および退院証明書運用細則改定平成22年11月15日患者基本情報の登録に関する運用規定改定平成23年1月1日診療情報の提供に関する規定改定平成23年1月1日臨床情報収集用テンプレートの作成・修正に関する運用規定制定平成23年3月16日褥瘡管理システム運用細則制定(宮田和信)●診療材料適正使用検討委員会●診療材料適正使用検討委員会1.概要・スタッフ構成構成メンバー委員長:田内克典(院長補佐(診療部外科系担当)兼外科統括医長)委員:三島修(外科医長)薄田誠一(消化器科統括医長)北原淳(整形外科統括医長)柳澤直樹(放射線画像診断センター技師部科長)横水洋康(手術センター看護科科長)大津みえ子(4S病棟病棟長)西村昌司(物流管理課課長)鳥羽嘉明(入院医療事務課課長)田多井克弘(購買管理グループ推進役)丸山潤一(購買管理グループ主任)2.今年度の取り組みと成果診療材料適正使用検討委員会では、各部署から新規に採用申請された診療材料及び既採用品について病院長から下記の事項に関する諮問を受け、委員会にて検討した後、病院長に答申している。(1)保険診療に基づいた診療材料適正使用の検証に関する事項(2)EBMに基づいた診療材料適正使用の検証に関する事項(3)診療材料の採用品目標準化の検討に関する事項(4)その他診療材料適正使用に関する事項平成22年度は11回開催され、65件の採用申請について検討し、結果について病院長に答申した。尚、当院では診療材料適正使用検討委員会にて検討し病院長に答申した事案に関し、理事長をは相澤病院―245―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です