社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
251/344

�����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������(薄田誠一)●褥瘡対策委員会●褥瘡対策委員会1.概要・スタッフ構成委員長:相澤孝夫(院長)副委員長:菊池二郎(形成外科統括医長)委員:小田切範晃(外科医長)佐藤宏匡(神経内科医師)若林あずさ(皮膚・排泄ケア認定看護師)高橋智栄(2C病棟主任)鳥羽慶子(在宅医療室)三河博和(入院医療事務課)褥瘡の発生の予防、褥瘡発生時の発生因子の調査、悪化防止、治療を、実践チームである褥瘡対策チームとともに展開する。また、各種統計から分析を行ない、予防と治療へ還元する。2.今年度の取り組みと成果①褥瘡統計(院内外褥瘡発生有病率、褥瘡部位に関する発生状況、月間褥瘡発生推移、褥瘡発生患者ケア加算、褥瘡管理加算、エアーマットの使用率)②褥瘡に関する運用細則の検討③褥瘡管理システム導入準備(菊池二郎)相澤病院―241―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です