社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
249/344

バルトリン腺膿瘍手術腟壁裂傷耳鼻咽喉科耳鼻科用めまい扁桃周囲炎気管切開術(紹介用)神経内科慢性炎症性脱髄性多発神経炎(ヘパリンなし)慢性炎症性脱髄性多発神経炎(ヘパリンあり)ギラン・バレー症候群(ヘパリンなし)ギラン・バレー症候群(ヘパリンあり)◆多職種協働によるクリニカルパスの作成と見直し標準的・効率的医療のため、クリニカルパスの適用率向上が全病院的な経営方針として掲げられた背景を受け、上述のとおり、新規クリニカルパス作成を推進した。これまでの医師主導によるクリニカルパスの作成や修正を改め、看護師・コメディカル・事務スタッフ等を含めた他職種協働によるクリニカルパス作成を実践した。具体的には、病棟単位で「病棟クリニカルパス検討会議」を整備、規定を制定し、運用を徹底した。平成23年度の主な活動計画①アウトカム評価によるクリニカルパスの見直し。②患者の退院後を想定したクリニカルパスの検討、特に在宅復帰を想定した内容の充実をはかる。③当院の診療計画・連携計画に適応した地域連携クリニカルパスの設計・運用を行なう。④JCI認定に向けた取り組みの一環として、ガイドラインや各種標準との整合性、アウトカムの登録と評価の有無を確認し、徹底する。⑤平成24年度診療報酬改定への対応として、後期より始まると予想される改訂の方向性をチェックし、ずれのない対応を検討。3.学術・研修2010.12.3中村久美第11回日本クリニカルパス学会学術集会松山市「医療dataを利用した、がん化学療法パス改善」2010.12.3小田切範晃第11回日本クリニカルパス学会学術集会松山市「消化器外科多目的パスの作成−腸閉塞解除術パスのみなおし−」2010.12.3武井哲也第11回日本クリニカルパス学会学術集会松山市「DPCデータを利用した分析による整形外科クリニカルパスの作成」2010.12.4文沢靖第11回日本クリニカルパス学会学術集会松山市「急性心筋梗塞クリニカルパス患者の解析〜長野県地域中核病院でのデータから〜」(宮田和信)相澤病院―239―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です