社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
235/344

委員会●医師事務作業補助推進委員会●医師事務作業補助推進委員会1.概要・スタッフ構成委員長:相澤孝夫(病院長)委員:宮田和信(診療部内科系担当院長補佐)田内克典(診療部外科系担当院長補佐)池田隆一(病院事務部門事務長)大槻憲吾(メディカルクラーク課課長)椛島博彰(診療情報管理課課長)鳥羽嘉明(入院医療事務課課長)飯塚敏之(外来医療事務課課長)2.今年度の取り組みと成果1)委員会を9回/年開催した。2)特定疾患臨床調査個人票診療書類補助記載の現状把握と業務拡大について①医師による神経学的検査結果の診療録の記載を元にして、神経学的検査チャートの補助記載を行うことを決定した。②診療書類補助記載を管理しているシステムを、ExcelからAccessに変更し効率的に管理することを決定した。③電子化していない特定疾患臨床調査個人票の記載状況をスキャニング実施状況より調査し、以下の4種類の特定疾患臨床調査個人票の電子化を決定した。01ベーチェット病27多系統萎縮症(線条体黒質変性症、オリーブ橋小脳萎縮症及びシャイ・ドレーガー症候群)47脊髄性筋萎縮症49慢性炎症性脱髄性多発神経炎3)がん登録業務の現状把握と業務拡大について①長野県地域がん登録事業に参加することを受けて、院内がん登録データを用いて2010年1月症例より、長野県地域がん登録室に悪性新生物患者届出票の提出を決定した。②胃癌(日本胃癌学会)、大腸癌登録(大腸癌研究会)への症例データ提出協力を外科手術症例のみではなく内視鏡症例を追加することを決定した。③食道癌(日本食道学会)の食道癌全国登録に協力することとして、2003年症例データの提出を決定した。④がん登録患者さんの予後調査の実施による生存率解析を行うことを決定した。(大槻憲吾)●DPCコーディング適正化委員会●DPCコーディング適正化委員会1.概要・スタッフ構成委員長:池田隆一(病院事務部門事務長)副委員長:椛島博彰(病院事務部門・診療情報管理課課長)相澤病院―225―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です