社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
232/344

ふれあいメディカルセンター1.概要・スタッフ構成地域支援病院として紹介患者さんをはじめ、来院されたすべての患者さんに対し、最善の治療と、質の高いケアーをふれあいメディカルセンター全職員が他部署と連携しながら安心と安全な医療サービスを提供している。診療科内科(糖尿病・呼吸器・肝臓・内分泌・神経内科・腎臓等)・消化器センター(消化器科)・心臓病大動脈センター(心臓血管外科・循環器科)・PSG外来(呼吸器科)・整形外科(脊椎センター・スポーツ障害予防治療科含む)・外科(消化器・乳腺・甲状腺・呼吸器・小児外科)・産婦人科・泌尿器科・脳神経外科・形成外科・皮膚科・創傷治療センター・小児科・耳鼻咽喉科・眼科・リハビリテーション科・(精神診療科)・(歯科口腔病センター)・(禁煙外来)2.今年度の取り組みと成果①「各科外来において『マイルール』となっている業務を洗い出し統一することで、組織としての効率化、生産性を高める」ことを目標に取り組みを行った。当たり前になされてきた日常業務を整理し、各科ばらばらに運用されている事を抽出し、それを改善するための運用を決定し周知徹底を図った。具体的には、紹介時患者さんが持参したCD-Rやフィルムの処理方法・入院患者さんの外来受付時の画面入力方法・物品管理方法(血圧計・体温計等)・待ち時間表示や案内方法等の運用を統一し周知徹底した。②看護部で開始したフィッシュ活動として、外来周囲を季節感のある手作りの飾り付けを行うことで、少しでも患者さんの気持ちを癒せるよう取り組み、継続している。(クリスマスツリー・手作りアメリカンフラワー・雛飾り等の展示)一般外来受診者数���������������������������������������������������������������������������������������������������������������3.学術・研修学会発表2010.5.29鳥羽慶子第7回日本褥瘡学会関東甲信越地方会学術集会長野市「モイスキンパッドRの使用経験」活動報告―222―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です