社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
224/344

①入院医療費の概算提示・入院中に概算金を提示することにより、医療費に対する不安を取り除く。・支払いの有無を事前に把握する。・事前に支払額を伝えることにより、退院時の支払いを促進する。②早期介入・医療費の相談を事前に受けることにより、ソーシャルワーカーと連携し、福祉制度の活用や、限度額適用認定証の発行などを行い、患者負担額を軽減する。・支払いが困難な患者を把握し、未収金を防止する。③退院時支払いの徹底・入院時に医療費の承諾書を記入して頂くことにより、退院時の払いを促す。・支払いを確認してから退院とする。・支払いが困難な場合は、誓約書を記入して頂き支払い期限を決定する。④未収金対策・運用細則の整備を行い、規定に沿った未収金の回収を行う。・回収が困難な場合、債権会社へ依頼する。・悪質なケースは、支払催促などの法的手段を講じる。������������������������������������������������������������������������������������������3.学術・研修発表日:平成22年7月22日主催:第60回日本病院学会演題:未収金に対する取り組みについて発表者:大津裕司(鳥羽嘉明)活動報告―214―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です