社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
212/344

④病院、施設からの入院患者数と他の病院、施設への転院患者数の変化�������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������施設はあくまで生活の場という観点から、病院・施設から入院されて、医療行為の増加や看取りなどによって元の病院・施設に戻れない、他の病院に転院相談せざるを得ない患者さんの増加がどのくらいあるかと思い検証を行いました。結果、年度を通じて大きく変動はありませんでした。しかし、毎月全入院患者数の6〜10%の患者さんが戻れないため他の転院、施設へ転帰しています。これは、在院日数の増加にも影響をするため、今後も推移を確認していきたいと思います。3.学術・研修2010.5.28〜5.29日本医療社会事業学会(長野市)学会発表「当院の高次脳機能障害援助業務の取り組みについて」(堀内寛之)2010.6.12日本福祉大学牧野ゼミソーシャルワーク研究会事例発表(堀内寛之)2010.7.2福島県郡山市太田総合病院見学対応(堀内寛之)2010.7.10平成22年度高次脳機能障害専門セミナー(長野県松本文化会館国際会議室)(原Dr、OT村山脳卒中部門長、古木ST部門長、MSW堀内、企画、運営等)2010.7.29、30豊見城中央病院病院見学対応(地域医療連携室職員:1名、MSW:1名)(MSW堀内、遠藤対応)2010.8.20第1回MSW・ケアマネジャー勉強会(講師:信大病院長島医師、MSW企画、運営、参加、30名)2010.10.17難病・生活相談会(松本保健福祉事務所主催)(遠藤暢浩)2010.1.11在宅酸素療法が必要な患者様へのMSWの関わり、身体障害者手帳制度等講習会(遠藤暢浩)○実習について2010.8.23〜9.4社会福祉士実習高知女子大学:1名(実習指導者MSW堀内中心に対応)2010.8.26、27大原学園医療事務実習生:1名対応(MSW遠藤対応)2010.9.6〜11.4社会福祉士実習日本福祉大学:2名(実習指導者MSW堀内中心に対応)2010.2.24、25大原学園専門学校実習:2名(MSW堀内、遠藤、三浦対応)活動報告―202―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です