社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
208/344

���������������������������������������������������������������������������������(3)介護支援連携指導料算定のカンファレンス平成22年度診療報酬改定に伴い、患者さんの同意を得て、医師又は医師の指示を受けた看護師、社会福祉士等が介護支援専門員と共同して、患者さんの心身の状態等を踏まえて導入が望ましい介護サービスや退院後に利用可能な介護サービス等について説明及び指導を行った場合に介護支援連携指導料が算定できることになりました。医療福祉相談室では「退院時共同指導料」を算定できる退院前カンファレンスの積極的推進を行なう中で、かかりつけ医の来院が難しい場合には、介護支援専門員と連携し、介護支援連携指導料の算定要件を満たすカンファレンスの調整をすすめ、生産部門の一員として積極的な取り組みを行ないました。����������������������������������������������������������������������������������������������������活動報告―198―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です