社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
194/344

訪問リハビリテーション科1.概要・スタッフ構成��������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������松本市(旧四賀村、梓川村を含む旧松本市)、塩尻市、山形村、朝日村、安曇野市、生坂村、筑北村、麻績村を主の訪問エリアと定め、訪問業務にあたっている。職員は全て相澤訪問看護ステーションひまわりリハビリテーション科と兼務であり、各訪問看護ステーション及びサテライトから訪問リハビリテーションを提供している。平成23年3月末現在、利用者数は634名。同月の訪問件数は3,153件。年間のべ訪問件数は、32,550件であった。(訪問看護ステーションからの実施する訪問リハビリテーション実績を除く)また、1医院5施設へスタッフを派遣し、リハビリ指導も実施している。勤務・訪問エリア理学療法士作業療法士言語聴覚士松本地区松本北チーム421松本南チーム421塩尻地区521安曇野地区521*統括者(PT)1名を除くスタッフ配置(人)2.今年度の取り組みと成果����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������本年度も新卒9名を含むスタッフ増員を行い、人材育成を図りながら地域の訪問リハニーズに応えるよう努力した。その甲斐あり本年度は472名の新規利用者を受け入れ、167名を軽快終了に導く事ができた。日別稼動件数も1月以降は165件/日を超え、より多くの訪問リハビリを希望する在宅療養者にサービス提供ができた。また、今年度はスタッフ教育を部署課題として挙げ、職能要件書に基づく振り返りレーダーチャートを用いたチェックシートの運用やルーティン業務習得を目的としたoff-JT研修を開始している。活動報告―184―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です