社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
192/344

スタッフ科長(看護師):1名介護福祉士:22名専業職員:3名勤務態勢10:00〜19:0012:30〜22:0018:00〜8:30(夜勤)デイサービス月別患者受入人数4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月5A815842803870822864891956109910779749825B5515756097307577697717238528818068732.今年度の取り組みと成果今年度取り組み目標患者さんに関わるスタッフが同じ目標に向けて、統一した係わりを行なうためのカンファレンスの開催退院に向けて関わるスタッフ間の目的を同じにするため、一対一でのカンファレンスを実施した。合同で行うカンファレンスと違い、時間や場所の制約がない上に、お互いの考えを十分に話し合うことができる。そうすることで退院に向けて、自分たちが担うべき役割を明確にすることができると同時に、方向性を同じにすることがでると考え、デイサービス利用開始時とその後10日毎に開催し、方向性を確認しながら自分たちが関わる目的を常に把握し介護提供を行った。カンファレンスを開催したことで、いままで患者さんを預かるという意識から、退院に向けて自分たちが担うべき役割と、目的意識を持って関わることの重要性が理解できた。医療職が多い病院という職場において、介護職がどう関わることで退院後の生活の質を上げる事が出来るのか、考える良い機会となったと感じている。そして何よりも、介護職という専門職としての意識が以前に比べて高くなったのは、今年度の一対一でのカンファレンス開催の成果であったと評価する。加えて今年度からデイサービスも夜勤が開始となり、今まで消灯までの関わりでしかなかったが、昼夜を問わず情報を得る機会を与えてもらい、一層退院後の生活に必要な情報と、関わりを得ることが出来るようになった。3.学術・研修2010.11.14:認知症の人と家族の会第26回全国研究集会にて、院内デイサービスの取組を発表2011.1.25:信大老年看護学研究会にて、院内デイサービスを紹介発表中学生体験学習受入2010.5.18〜20丸の内中学2名2010.6.2〜6.3清水中学3名2010.7.1〜7.2塩尻西部中学2名2010.7.7〜7.9開成中学1名2010.7.13〜7.14清水中学3名2010.7.15〜7.16旭町中学3名活動報告―182―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です