社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
188/344

脳卒中ST部門1.概要・スタッフ構成体制言語聴覚士:17名(うち日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士:3名)ST部門は、脳外科・神経内科・リハビリテーション科の脳卒中病棟担当11名(2009年度から2名増員)、その他の内科・外科系病棟担当6名にてほぼ全診療科の失語症や構音障害、摂食・嚥下障害、高次脳機能障害の患者さんを対象に評価・訓練を行っています。10月からは、脳卒中ケアユニットSCU病棟を中心に患者さんの評価訓練を行うSTを2名配置しました。より急性期から他職種とより密に連携をはかり、早期経口摂取獲得とコミュニケーション方法の獲得などがはかれるよう、より急性期から集中したリハビリが取り組める体制作りを行ないました。2.今年度の取り組みと成果(1)ST部門リハビリテーション実施状況2010年度のST処方件数は2553件と、昨年の2455件と比較し増加していました。リハビリ実施状況としては、脳血管リハビリとがんリハビリの月平均は3723単位(昨年度3711単位)と、昨年度より若干増加を認めました。摂食機能療法に関しては、月平均1308件(昨年度877件)と、昨年度と比較し大幅に増加を認めました。�����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������活動報告―178―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です