社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
183/344

��������������������������������������������������������������������������������������������������������(参考:高次脳機能障害支援実施報告書)(4)職務・職能要件書の整備による職員教育人事制度で区分された等級ごとに要求される当部門での業務と、その業務の習得に必要となる技術や知識を明確化した職務・職能要件書を大規模に見直し、修正をしました。また職務・職能要件書の運用細則を作成し、職務・職能要件書を活用した自己評価やリーダー評価を行なう時期や教育手段を明確化しました。スタッフの自己実現に向けて、効果的に指導・教育がなされるように今後も見直しを定期的に実施したいと考えています。3.学術・研修学会発表2010.6.11:村山幸照、第44回日本作業療法学会、仙台市「記憶・遂行機能障害に対する高次脳機能障害クリニカルパス作成の試み」2010.6.11:吉澤久実、第44回日本作業療法学会、仙台市「当院におけるCI療法のクリニカルパス導入への取り組み」2010.6.12:小林巳希子、第44回日本作業療法学会、仙台市「重度半側空間無視患者への作業療法の経験―麻痺側上肢の徹底的使用―」2010.6.13:佐原友里、第44回日本作業療法学会、仙台「退院後のリアリティ・ショックにより自宅生活困難となった一症例」2010.10.2:田中楓、第20回認知リハビリテーション研究会、東京都「右頭頂葉皮質下出血により、道順障害、構成障害、失算、失書を呈した一例」2011.3.5:中田佳佑、第27回長野県作業療法学会、松本市「橋出血患者に対しハンドサイクリング・アクティヴタッチの介入により深部感覚優位に改善した一例」2011.3.6:安藤道彦、第27回長野県作業療法学会、松本市「リハビリ用ゲーム機の実用性の検証」2011.3.6:中山一平、第27回長野県作業療法学会、松本市「在宅復帰に向けた認知リハビリテーションと地域福祉との連携」相澤病院―173―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です