社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
182/344

③ヒヤリ・ハット報告書の活用事故防止のための指標を明確化する目的で、過去3年間のヒヤリ・ハット報告書を後方視的に分析し、業務に役立てました。アクシデントはルート抜去と転倒で56%を占め、半数は他のスタッフの目が届かないベッドサイドで発生していました。また新人スタッフや他部門からローテーションで異動したスタッフは、異動後5ヶ月以内にアクシデントが多い傾向があり、介助量が監視から軽介助レベルの患者さんに生じやすい傾向がありました。上記により、新人スタッフやローテーションスタッフは他のスタッフの目が届くスペースで訓練を行なうこと、介助量が中等度介助以上の患者さんを優先的に担当すること等の基準を設けました。今後は基準を設ける前後でのアクシデントの発生数を比較し、取り組みの成果を明らかにしたいと考えています。(2)作業療法実施状況平成22年度の実患者数は昨年度と比べ、110.5%(入院患者さん:107.3%、外来患者さん:115.8%)と増加しましたが、特に7月以降で増加が顕著となっています。これはNEURO-15対象患者さんに対する継続的支援や高次脳機能障害患者さんの紹介が定着したことと、クリニカルパスの整備や他職種との連携の強化を推し進めた結果、急性期の作業療法士による専門的な支援の必要性について浸透したことが原因の1つとして考えられます。しかし、実患者数の増加により、実施率(処方された患者さんに対してどの程度の介入量があるかの目安)は減少傾向を示していることから、マンパワー不足が示唆されます。今後マンパワーを拡充し、実施率の増加による早期のアウトカム到達と早期退院の支援を積極化したいと考えます。����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������(3)高次脳機能障害者支援事業拠点病院としての取り組み平成16年度に高次脳機能障害者支援拠点病院として指定された以降、入院患者数・外来患者数が共に増加傾向にあります。これは地域や医療機関などに対して、高次脳機能障害者への支援や当院の機能について継続的な啓発活動がなされたことによる紹介患者さんの増加、2週間短期入院による短期集中的な高次脳機能障害者への支援の体系化による結果と考えます。今後は個別の支援では困難な社会的行動障害などの高次脳機能障害者に対して、障害の気づきを促し、社会技能訓練(SST:SocialSkillsTraining)が行えるグループ訓練を、地域の資源を活用して提供できる体系を構築したいと考えています。活動報告―172―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です