社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
178/344

平成22年度の短期集中治療受け入れ患者・白樺学園高校(北海道)高校2年生:1名平成22年6月2週間(6月24日〜7月8日)・光星学院(青森県)高校生:1名平成22年10月1週間(10月18日〜10月22日)・山形中央高校(山形県)高校生:1名平成22年12月3日間・山形中央高校(山形県)高校生:1名平成23年3月1週間(3月10〜17日)�����������������������������������������������������������������������������������������������������������スポーツ障害予防治療センターの業務スポーツ専属のPTを4名配置して、総計6名のPTが同センター業務を兼務しています。県内・外から多く来院されている状況は前年度と大きな変化はありませんが、患者数・実施単位数もが昨年よりも多くなっています。患者数の増加に合わせ現在は週4回の診療体制をとり、他病院からの医師の協力体制が得られ膝関節の専門外来が月1回行われています。競技は高校野球、サッカーが多く、最近では陸上競技が増加傾向にあります。今年度より開始しました短期集中治療の受け入れ患者さんは4名であり、いずれも高校生のジュニアスケート選手でした。短期集中治療は、1週間〜2週間の期間、入院せずに宿泊・通院しながら治療する新しい治療システムです。医師のメディカルチェックとリハビリテーション・セルフケアの指導・トレーニングが主体です。今回はスケート競技を対象に実施しましたが、短期集中でリハビリを行なうことの意義は高いと考えます。競技継続の岐路に立つ選手が少しでも多く、現場復帰できるよう、当院の受入れ方法を検討したいと考えています。平成22年度部署課題テーマ:職能要件書・人材能力評価・OJTの3つをリンクしたキャリアアップのための体系的教育プログラムの確立活動報告―168―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です