社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
177/344

整形外科PT部門1.概要・スタッフ構成�整形外科PT部門4月〜6月:21名体制7月〜12月:20名体制平成23年1月〜:1名パート移行�スポーツ障害予防治療センター兼務理学療法士:8名(アスレティックトレーナー日本体育協会公認:2名含む)整形外科PT部門・スポーツ障害予防治療センターは整形外科・外科を中心とする入院診療科を担当する部門です。入院業務では整形外科・外科とも術前・術後の理学療法を行なっています。対象疾患は大腿骨頚部骨折、外傷、下肢骨折、上肢骨折、腰椎圧迫骨折などの高齢者急性外傷が多い傾向にあります。外科系領域では、外科術後の呼吸管理から離床援助を行なっています。特に、呼吸器外科は外来にて術前指導を開始して成果をあげています。外来業務では当院での術後患者さんのフォローアップを中心に、肩・膝・腰などの変性疾患が主体です。本年度から肩専門外来が開設され、肩関節の症例が増加傾向にあります。�����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������スポーツ障害予防治療センターは外来患者さんのみの対応であり、入院診療は原則として行わない部門です。県内全域・県外(山梨県・北海道・山形県など)からの成長期スポーツ選手の治療を行い、成果を上げています。今年度より県外の選手を対象に短期集中治療を開始しました。集中的に機能障害を治療し、その原因となるバランス機能まで改善させることを目的としています。2.今年度の取り組みと成果入院業務状況報告平成22年度、21名体制でスタートしました。入院患者さんのPT実施率は平均94%でした。前期の実施率は良好な結果でしたが、7月より1名産休・育児休暇となり90%弱と低下した影響もあり、個人の実施単位数は平成21年度よりも平均1単位増加し17.5単位と向上しました。入院の365日体制のサービスを維持するためには1日の平均勤務者を12名になるように調整する必要があるため、平成23年度は増員計画を立て対応したいと考えます。外来業務状況報告外来専属のPTを5名配置し、術後患者のフォローアップを中心に業務を行いました。平成21年度と比較しますと請求単位数も増加傾向となりました。平成22年11月の外来患者分析結果からみますと、約60%は術後患者であり、内訳は足・下腿の手術が多い傾向があります。保存治療では、肩関節疾患が多く、約60%を占めています。相澤病院―167―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です