社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
175/344

ほどOJTを実施し、部署内の教育体制を強化し、平成22年度は3.6%の効率化が図れました。(3)大腿骨頚部/転子部骨折における治療成績について大腿骨頸部/転子部骨折患者164例を対象に、せん妄の発症後の傾向を探り、発症日と罹患期間を調査しました。精神科医の診断でせん妄有/無群にわけ、下記項目を調査しました。���1���������n=28n=136��84.5�6.082.1�7.9 n.s���5��23�25��111 n.s����26.8�6.422.7�8.2* P�0.01���MMSE13.0�9.321.2�7.6* P�0.01���MMSE14.3�9.222.6�7.5* P�0.01���2�����������������������������������������������������������������������������������������������������������3.1�2.4 ����������3.9�2.9 �〔考察〕1;先行研究と同様に、入院後のせん妄は、ADL改善の阻害、在院日数の長期化を示し、さらに自宅復帰率の低下を認めました。2;入院当日から介入を行い、せん妄を早期に発見し、精神科医の指示を仰ぐ方法を確立することが必要と思われました。3;作業療法士は、大腿骨頸部/転子部骨折のせん妄患者さんへ介入を行ない、精神症状の改善を図りADLの向上や、在院日数の短縮を可能にする必要があると考えました。3.学術・研修学会発表タイトル:「大腿骨頸部/転子部骨折への作業療法士介入時期について」第44回日本作業療法学会(宮城県)平成22年6月11日〜13日臨床実習の受け入れ評価実習長野医療技術専門学校:1名平成23年8月23日〜9月10日相澤病院―165―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です