社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
174/344

整形・心臓・呼吸等OT部門1.概要・スタッフ構成整形・心臓・呼吸等OT部門では、整形外科・形成外科疾患(上肢骨折、腱損傷、大腿骨頚部/転子部骨折を含む下肢の骨折、脊髄損傷、脊髄変性疾患など)と、内科・外科系疾患(誤嚥性肺炎、胸部外科疾患、外科術後など)がリハビリテーションの対象となる部門です。365日体制を継続し、廃用性症候群の予防を考慮しつつ活動・日常生活動作改善のためのリハビリテーションを実施します。外来リハビリテーションは前腕・手部疾患(橈骨遠位端骨折、肘関節骨折、手指骨折)を中心にハンドセラピーを実施しています。スタッフ作業療法士:14名〔(内訳)整形外科領域:9名内科領域:5名〕2.今年度の取り組みと成果(1)平成22年度の実績、業務状況について4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月実施件数(延べ人数)216621432292253726122421250026532799266625122612実施単位数3808374139784420442340414135425043864195394640141人あたりの実施単位数1718.516.716.617.617.517.217.817.918.617.918.2������������������������������������������������������������������������������������������������������平成22年度の整形外科心臓呼吸等OT部門は、増員に伴い、取得単位数が増加し、セラピスト一人あたりの実施単位数も増加しました。平成22年度のリハビリテーションの処方は、入院が1192件、外来が358件でした。(2)平成22年度基本計画の状況基本計画の設定目標は、「継続的OJTの教育プログラムを立案し、運用する。〜職務職能要件書→評価→教育(OJT)の体系的教育プログラムの完成〜」としました。部門長が年間200例活動報告―164―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です