社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
172/344

心臓・呼吸等PT部門1.概要・スタッフ構成理学療法士:14名〔(内訳)三学会合同呼吸療法認定士:8名、心臓リハビリテーション指導士:5名、糖尿病療養指導士:2名、AHABLSヘルスケアプロバイダー:14名、AHABLSインストラクター:1名、専門理学療法士(内部障害理学療法):2名〕心臓・呼吸器等理学療法部門は本年度1名の理学療法士を増員し、14名体制となりました。内科系疾患で入院中の患者さんが主な対象であり、入院早期から病棟(患者さんの生活の場)における、365日体制での積極的なリハビリテーションを行っています。急性期リハビリテーションに積極的に取り組んでおり、心疾患・呼吸器疾患などではICUにおけるリハビリテーションも実施しております。また、高齢患者さんの廃用症候群に対し積極的に取り組んでおり、「入院による廃用症候群を限りなくゼロに近づける」ことを目標に、入院早期から、より多くの患者さんに、適切なリハビリテーションが提供できるよう取り組んでおります。セラピストの中には内科系疾患に関係する専門資格を有するものが多数在籍し、より専門的な内部障害系理学療法を提供できるよう取り組んでおります。2.今年度の取り組みと成果(1)2010年度心臓・呼吸器等理学療法部門治療実績2010年度理学療法総実施単位数計48182単位(前年度比113.9%)理学療法実施患者数のべ41173人(前年度比121.6%)新規理学療法処方数計1929件(前年度比106.4%)������������������������������������������������������������������������������������������������������������(2)心大血管リハビリテーション室を開設しました。S棟5階に心大血管リハビリテーション室を開設いたしました。循環器病棟である5S病棟と同じフロアに心大血管リハビリテーション室があることで、病棟との連携がスムーズになり、日常生活の延長上で運動療法が実施できるメリットがあります。訓練スペースは患者教育の場としても用いられ、包括的心臓リハビリテーションを提供しております。訓練スペースには、トレッドミルやエルゴメーターといった運動負荷機器の他、負荷心電図装置活動報告―162―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です