社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
147/344

臨床検査センター1.概要・スタッフ構成病理科と検査科よりなり両科が協力して臨床検査センターを運営する。2.今年度の取り組みと成果・R-CPCの開催臨床検査センター内R-CPC計4回院内R-CPC2回(樋口佳代子)●診療科・病理科●診療科・病理科1.概要・スタッフ構成病理組織学的診断、細胞診断、病理解剖をおこない、医療における最終診断をにない、医療の質の評価・検証に貢献する。スタッフ構成:常勤医2名(内1:病理専門医・細胞診専門医・国際細胞病理医・臨床検査管理医、1:後期研修医)、非常勤医師3名(信州大学医学部病理学教室および京都大学医学部附属病院病理部より病理認定医3名、週のべ2日)2.今年度の取り組みと成果検体数:組織検査件数6,260細胞診検査件数10,689解剖件数12生検・手術材料(消化器、乳腺、呼吸器)CPC95回解剖CPC6回初期臨床研修医受け入れ5名他科学会・論文支援54件3.学術・研修学会発表KayokoHiguchietal.Cytologyofaciniccellcarcinomaofsalivaryglands-analysisof8cases.The17thIACmeeting,5.16-20,2010,Edinburgh,England.池上陽太,樋口佳代子他悪性黒色腫5例の細胞像の報告第51回日本臨床細胞学会,5.29-31,2010,横浜須藤素弘,大原慎司,樋口佳代子悪性症候群を発症して死亡した家族性パーキンソン病の一例第99回日本病理学会総会,4.27-29,201,東京相澤病院―137―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です