社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
146/344

表3平成21年度PETがん検診結果���������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������3.学術・研修(ア)4月9日VHJRadiologyフォーラム:当番幹事、演題発表①「相澤病院の画像診断の現状」②「320列ADCTは本当に役立つのか」(イ)5月29日信州放射線談話会:一般演題発表「MotionFreePET/CT装置の使用経験」(ウ)7月3日第73回日本核医学会関東甲信越地方会①一般演題PET座長②一般演題発表「FDG-PET/CTが診断に有用であった下行大動脈原発血管肉腫の一例」(エ)8月5日伊那中央病院がん早期発見セミナー講演「FDG-PET再考」(オ)8月20日PETサマーセミナー2010in岡山①イブニングセミナー講演「GE社製DiscoveryPET/CT600Motionの使用経験」②8月22日PETサマーセミナー2010in岡山、一般演題座長(カ)11月11日第50回日本核医学会総会①一般演題発表「SolitaryfibroustumorのFDG-PET所見」信大柳澤新医師(キ)11月13日第50回日本核医学会総会①一般演題発表「呼吸同期PET/CTにおける3分割画像の検討」②一般演題発表「呼吸同期PET/CTにおける呼気相画像の有用性」(ク)12月11日第438回日本医学放射線学会関東地方会定期大会①一般演題発表「FDG-PETにて異常集積を認めた膵acinercellcarcinomaの2例」古川智子医師(小口和浩)活動報告―136―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です