社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
137/344

脳外科医7名(脳外科専門医6名、脳卒中専門医2名、脳血管内治療専門医2名、救急専門医1名、リハビリテーション臨床認定医1名)2.今年度の取り組みと成果�����������������������������������������������������������������������������������������������図12010年度実績脳卒中症例総数は、図1のように過去3年間600症例前後を推移している。脳出血件数は過去3年間では変化を認めなかったが、脳梗塞は2010年は若干減少し、くも膜下出血数は過去最高を記録した。手術治療は血管内治療66件を含め、総数275件ととなった(図2)。開頭術の内訳は脳腫瘍14件、動脈瘤クリッピング術44件(くも膜下出血27例、未破裂動脈瘤17例)、脳内出血13例、虚血性脳血管障害14例等(図2)で、開頭術に関しては前年度に比較して脳腫瘍は同じで、くも膜下出血と未破裂動脈瘤は例年並みとなった。定期手術より脳内出血や虚血症例などの緊急手術が多い傾向は継続している。くも膜下出血の根治手術に関しては、2010年は血管内治療症例が増加し、血管内治療13件で、くも膜下出血全体の1/3が血管内治療となった。救急対応:24時間365日�����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������図2総手術件数図3くも膜下出血治療件数相澤病院―127―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です