社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
131/344

������������������������������������������������������������������������������������������������������(田中清明)●高気圧酸素治療センター●高気圧酸素治療センター1.概要・スタッフ構成平成14年4月から高気圧酸素治療室は脳外科病棟のあるB棟5階に移転し、平成16年度から高気圧酸素治療管理医も常駐する高気圧酸素センター組織に変更になった。スタッフも看護師から臨床工学技師に完全に移行し、適応と安全に注意し、良質な医療の提供をできるように努めている。スタッフ臨床工学技師:10名高気圧酸素治療管理医:1名治療体制通常の治療時間9:00-17:00(日曜日以外、祝祭日を含めて毎日)緊急症例には24時間365日対応できる体制となっている。治療機器:第1種装置1日の予約治療件数枠:4件《基本治療内容》治療時間:1時間40分(加圧20分+治療60分+減圧20分)2気圧治療回数:5回(1件当たりの基本回数)2.今年度の取り組みと成果急性期病院として、24時間365日の受け入れをしている当院においては、高気圧酸素治療も、救急に対応可能な体制をとり、迅速な受け入れと安全な治療に心がけている。上記の体制にて祝祭日にも一酸化炭素中毒や脳血管障害などの速やかな治療開始が可能となっている。また、火気の持ち込み禁に関しては、指さし確認と更衣時の全身チェックによる厳密な対応をしている。急性一酸化炭素中毒に関して、当院としてのガイドラインとクリニカルパスを作成し、適応と治療に関して標準化を行った。相澤病院―121―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です