社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
130/344

脳卒中・脳神経センター脳卒中・脳神経センターは、神経救急、脳卒中診療、脳神経外科、脳神経疾患全般を扱う部門である。神経救急では、救急診療部との密接な連携により、24時間の受入体制を整備している。また、脳卒中診療ではSCU(脳卒中ケアユニット)を有し、神経内科、リハビリテーション科とのチーム医療を実践し、早期診断、早期治療、早期回復を目指している。脳神経外科では、院内の脳血管治療センター、ガンマナイフセンター、高気圧酸素治療センターと連携し、幅広い医療の選択肢を提供している。スタッフセンター長:小林茂昭副センター長:北澤和夫橋本隆男原寛美(小林茂昭)●ガンマナイフセンター●ガンマナイフセンター1.概要・スタッフ構成ガンマナイフ治療の詳しい説明のため、下記の日程で外来診療が行われています。外来診察日火曜日午後小山徹医師土曜日午前+随時田中清明医師2.今年度の取り組みと成果平成22年度は171例の患者さんに治療が行われ、疾患の内訳は下図のとおりです(実際には総数で175例の治療が行われましたが、同一の患者さんで3ヶ月以内に2回行われた治療は1例として数えているため、統計上の症例数は少なくなっています)。 �������������������������������������������������������������������������������������������������������������������活動報告―120―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です