社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
123/344

心臓病大動脈センター2002年、当院に心臓血管外科が開設され、循環器内科ととともに心臓病大動脈センターが設立されました。以来、心臓病大動脈センター長兼心臓血管外科統括医長として当センターの発展に貢献してくださった藤松利浩先生が、2010年7月に帯広の北斗病院副院長としてご栄転になりました。それに伴い、心臓血管外科の大澤肇先生、鈴木博之先生も退職なさったため、一部の患者さんには大変ご心配をおかけすることとなり、申し訳なく思っています。心臓血管外科の後任として、以前、松本協立病院の心臓血管外科に勤務していた恒元秀夫先生が、医局の後輩である山浦一宏先生とともに赴任し、OPCABや僧房弁形成術など、高度の技術を必要とする手術を精力的に行っており、急性大動脈解離などの緊急症例にも迅速に対応しています。循環器内科:櫻井がセンター長、心臓血管外科:恒元医師が副センター長という新体制のもと、以前にもまして内科−外科のコミュニケーションをとりながら、患者さんにとって最良の治療が提供できるよう、診療を行っています。(櫻井俊平)●循環器内科●循環器内科1.概要・スタッフ構成高齢化社会を迎え、また、生活習慣病の蔓延から、虚血性心疾患、心不全、不整脈などの循環器疾患をお持ちの患者さんが増加しており、当院の救急救命センターには急性冠症候群、発作性不整脈、うっ血性心不全増悪などで多数の患者さんが受診しています。循環器内科は、救急救命センターの先生方と協力しながら、このような疾患をお持ちの患者さんに対する迅速な診断と治療が行えるよう、診療に当たっています。2010年の循環器内科は、筆者(櫻井俊平)と鈴木智裕先生、馬渡栄一郎先生、羽田健紀先生、加藤太門先生、後期研修医の西山茂樹先生の6人で診療を開始しました。4月に馬渡先生が転勤となり、後任として村山秀喜先生が赴任しました。西山先生は4月から福山循環器病院へ国内留学したため、4月以降は5人での診療となりました。2.今年度の取り組みと成果2010年、主な診療実績診断的カテーテル検査703例(緊急57例)冠動脈形成術209例(緊急77例)下肢PTA16例ペースメーカー埋め込み51例(交換16例)ICD/CRT(D)6例(交換1例)冠動脈CT611例循環器内科における2010年、最大の出来事は「心臓カテーテル症例10,000例達成」です。当院の心カテ台帳によると、1992年7月6日に茅野千春先生(現:諏訪赤十字病院勤務)が徐脈性心房細動に一時ペーシングを行ったのが一例目となっています。その後、病診連携体制や救急救命センターの充実、2002年の心臓血管外科の開設に伴い、飛躍的に症例数が増加し、2010年10月5日に一万例に到達しました。今後も病診連携でご紹介をいただいた患者さんや救急症例への対応に力を入れながら、活動していきたいと考えています。2009年に本格稼働となった冠動脈CTは、胸痛症例のスクリーニング検査として当科の診療にな相澤病院―113―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です