社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
116/344

フェロン治療が行われました)。肝臓癌については腹部血管造影・肝動脈塞栓術(TACE)(平成22年度TACE33例)、局所治療としてラジオ波凝固治療(RFA)を行っています(平成22年度RFA4例)。胆・膵疾患としては急性膵炎、膵臓癌、胆道系疾患(胆石・胆嚢炎・胆管結石・胆道系悪性腫瘍)に対して入院治療を行っております。急性期病院として緊急内視鏡的治療(緊急止血術・緊急胆管ドレナージ)のほか、緊急の血管造影・血管塞栓術・緊急の胆汁ドレナージにも対応しており、消化管出血で内視鏡的止血術が困難な症例の緊急止血・肝臓癌破裂の症例に緊急血管塞栓術を施行しています。緊急の胆汁ドレナージ(PTCD・PTGBD)については内視鏡的なドレナージが困難な症例に施行しております。(平成22年度に年間26例施行)救急医療や地域医療の取り組み救急医療としては緊急内視鏡的治療(緊急止血術・緊急胆管ドレナージ)や緊急の血管造影・血管塞栓術・緊急の胆汁ドレナージに対して即座に対応しております。肝疾患地域連携診療を推進すべく、地域連携診療計画書を作成し、運用を開始しました。1)肝細胞癌診療については以下の2つの連携クリニカルパス・肝動脈塞栓術地域連携診療計画書(平成22年度実績:13例)・ラジオ波焼灼治療地域連携診療計画書(平成22年度実績:3例)2)慢性肝疾患診療については以下の2つの連携クリニカルパス・インターフェロン治療地域連携診療計画書(平成22年度実績:8例)・肝生検地域連携診療計画書(平成22年度実績:5例)・平成22年度長野県後期研修医確保・養成支援事業の協力「長野県厚生農業協同組合連合会鹿教湯三才山リハビリテーションセンター三才山病院」への診療協力(上部消化管内視検査)3.学術・研修講演登録医の医療機関を対象とした病診連携勉強会「2010年C型慢性肝炎治療ガイドラインと最新治療〜肝疾患地域連携診療について〜」5月19日(水)(ブエナビスタ:19:00〜)公開市民講座の開催・第11回中信がん治療セミナー講演7月10日(土)「切らない肝がんの治療」・健康お役立ち講座8月10日(火)第1回肝臓病教室「肝臓病教室始めにウイルス肝炎の助成制度について肝臓病の食事について」8月24日(火)第2回肝臓病教室「B型肝炎について(急性肝炎・慢性肝炎)」9月14日(火)第3回肝臓病教室「C型慢性肝炎について」9月28日(火)第4回肝臓病教室「肝臓癌について(治療法)」第8回IBDClubJr.Kyushu「妊娠・出産におけるIBD治療」久保田大輔学会第47回日本消化器病学会甲信越支部例会・第69回日本消化器内視鏡学会甲信越地方会合同地活動報告―106―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です