社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
111/344

手術センター手術センター運営会議:月に1度、外科系診療科統括医長・手術センター看護科・ME科・医療安全部・購買管理科の出席のもと手術センター運営に関わる諸問題を提起し解決を図った。各診療科・麻酔科・看護科との調整を行い手術室運用の効率化に努めた。ヒアリハット事例検討:月に1度、手術センター内で発生したヒアリハット事例を検討し、問題点の抽出と解決策につき検討し、医療安全部に報告した。4月より眼科手術を開始した。SurgicalSiteMarking,TimeOutの運用につき検討を行った。(田内克典)●麻酔科●麻酔科1.概要・スタッフ構成手術センターは、当院では救命救急センターとならんで急性期医療の重要な役割を担っている部門です。麻酔科はその手術センターの一員として業務を行っています。おもな業務は手術室における麻酔で、年間2600件近くの手術を担当しています。手術前の麻酔の説明は週4回の外来で十分な時間をとって行なっています。急性期病院である当院では3〜4割が緊急・準緊急手術です。たくさんの緊急手術への対応が要求されるため、予定手術を上手に整理して、緊急手術をいつでも円滑に受け入れるようにしています。今後もよりいっそうの効率化をはかり、多くの患者さんにできるだけ短い待機時間で手術・麻酔をご提供できるよう努力して参ります。スタッフ常勤医5人(麻酔指導医2人、標榜医3人)後期研修医1人初期研修医常時1〜2人2.今年度の取り組みと成果月曜日から金曜日まで毎日9:00〜17:30まで、手術室の麻酔を担当しています。平均的には日に7件程度の定時手術があり、そこに3件ほどの緊急手術・準緊急手術が入ってきます。こうした手術の麻酔説明は、月・水・木・金の9:30〜14:00までの麻酔科外来で行っています。2010年度の管理件数は2518件で、前年を180件上回りました。2006年度と比べると548件増で、年に100件ほどの増加を示しています。麻酔種類別としては、増加のほとんどが全身麻酔です。診療実績2006年度2007年度2008年度2009年度2010年度麻酔科管理2050件2271件2373件2418件2598件全身麻酔1919件2143件2252件2282件2423件脊椎麻酔131件131件112件132件148件相澤病院―101―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です