社会医療法人財団 慈泉会 年報 Vol. 15
106/344

3.学術・研修(1)救命救急に関連する各研修コースへの参加を個々の意欲に応じて積極的に受講している。(2)救命救急センター看護師が持っている看護師・保健師以外の医療資格・インストラクター資格等・救急認定看護師1名・AHA-BLSインストラクター2名・AHA-ACLSインストラクター1名・救急医学会認定ICLSインストラクター4名・JPTECインストラクター3名・ITLSインストラクター1名・ISLSインストラクター1名・日本DMAT隊員3名※各種資格・インストラクター資格取得に向け現在も活動しているスタッフ多数。(3)救急隊との症例検討会院内外傷チームとタイアップして、北アルプス広域消防と松本広域消防、中信地区の病院スタッフと交えて4回、症例検討会を実施した。(4)発表・院内のお役立ち講座1名平成23年1月(渡利智子)●事務課●事務課1.概要・スタッフ構成・救命救急センターに受診される1次から3次までの患者さんを24時間、365日体制で対応しております。主な業務としては受付業務・算定業務・会計業務・統計業務などがありますが、その他にも交通事故や労災保険で受診される患者さんの疑問や不安を解消できるようにアドバイスも行っております。また警察が介入となる診療も多いことから、医療費の請求等、警察の対応も行っております。さらに今年度から診療アシスタントが配属され、総合診療科や救命救急センターに支援に来る医師の診療をサポートすることで、診療の効率化を図っております。主な業務内容・受付業務(氏名、生年月日の確認、主訴の確認、保険証確認、カルテ作成)・算定業務(カルテ内容の確認、処置・検査等確認、診療行為の算定)・会計業務(入金処理、返金処理、保険変更)・統計業務(ER受診患者統計、救急車統計、ヘリ統計、CPA統計等)・案内業務(保険手続きの案内、検査・レントゲンの順路案内、その他)・診療アシスタント(診察の補助・処置の補助・検査・レントゲンの順路案内等)スタッフ課長1名主任1名事務員13名合計15名活動報告―96―

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です