トップへ
2015年8月17日
nao

オランダの夏

nao

しばらく更新できずにいましたが、元気でトレーニングに励んでいます!
6月の氷上練習に続いてドイツのInzellへ氷上合宿へ行ったり、オランダ国内で合宿をしながら陸上での強化期間を思う存分楽しめています。

その様子を写真で振り返ってみたいと思います。

まずは、Inzell合宿。

このような感じで、チーム荷物や自転車をバスに乗せて、選手は目的地のInzellまで各自乗合いながら車で移動します。

Inzellはどんなところかというと…

山です。山!
少し長野に似た空気も感じられて、久々の坂道も心地よく感じます。

坂があろうがなかろうが、自転車の長距離練習は必ずメニューに入ってきます。

氷上練習は、何年か前に屋内リンクになったMax Aicher Arenaで滑ります。

屋内リンクのすぐ隣には、陸上練習用のタータン、芝生のサッカーフィールド…夏の合宿地としてはとても環境が揃っています。

氷上で滑った感覚も悪くはなく、昨年は言語も含め慣れるのにいっぱいいっぱいでしたが、今年は積極的に意見を言ってみたり、チームを盛り上げていけるようにもなりました。

Inzellでの氷上合宿を終えてオランダに戻ってからは、引き続き練習に励みながら、オランダの夏を楽しみつつリフレッシュする時間も取ることができました。

海岸に本を読みに行ったり。

気球を観に行ったり…。

セーリングを体験したり!

水や風とともに生きるオランダ人の、生活を豊かにするスポーツのあり方を感じることができました。

練習、休養、学び、生活…良いバランスで、悔いのない時間を使えていると思います。
たくさんの事を求めたら、1日24時間では足りないけれど、色んな人との関わり合いの中で、自分にとって必要な時間を、選べているのかなと思います。

1年目の勢いとは違い、理解できることや自分でできることが増えてきたが故に悩むことも多いです。
でも、それも含めて自分を成長させてくれる坂道だと思い、登り続けていきたいと思っています。
現在は、オランダ国内で合宿をしながら、お互いを高め合えるトレーニングができています。

“価値のある練習”を“その時”までにあと何回重ねられるか。

“価値”とは、練習内容であったり、練習強度であったり、体調であったり、意識の持ち方であったり、自分の限界を引き上げてくれる仲間の存在であったりします。

その1回1回を大事に、志を高く持って積み重ねていきます。

シーズンインまであと2ヶ月!
エムウエーブに勢いのある風を吹かせる!

 

Profile

小平奈緒(こだいらなお)

社会医療法人財団 慈泉会 相澤病院 所属

  • 生年月日 1986年5月26日
  • 出身地 長野県茅野市
  • 身長 165cm
  • 血液型 A型

ベストタイム

  • 500m 37.29(日本記録)
  • 1000m 1:13.98(日本記録)
  • 1500m 1:55.40