トップへ
2016年6月24日
nao

ジュニアアスリートサポートプロジェクト

nao

6月19日㈰に、冬季スポーツ(スケート)に取り組むジュニアアスリートに向けたサポートプロジェクトを開催しました。

相澤病院スポーツ障害予防治療センターのスタッフの方々による「ストレッチ&基礎エクササイズ」と、私が実際に夏場取り組んでいるトレーニングや、オランダで学んできたことを紹介をしました。

子どもたちはもちろんのこと、来てくださった保護者の方々、各地域のクラブのコーチの方々、県内の教育関係の方々など、とても熱心に話を聞いてくださり、私自身も充実した時間を過ごすことができました!

このプロジェクトの準備段階で、どう子供たちにかみ砕いて伝えるかが常に頭の中を巡っていて、それが私にとっても学びを整理する良い機会になりました。

前半は、子供たちとコミュニケーションをとりながら、私も一緒にストレッチと基礎エクササイズを学びます。

「体幹ってどこのことか分かる?」と、横腹をツンツン…(*^▽^*)

 

後半は、動的ストレッチやスライドボード、変形ダッシュなどをしました!

 

みんな、とてもバランスが良く紹介したエクササイズを上手に行っていたのが印象的でした。

中学生や高校生には、少し細かいところに踏み込んでレクチャーしました。

まだまだ伝えきれていないことは沢山あるので、また質問にきてください(^-^;
今回やったこともとても大事な基礎になるので、今シーズンの氷上の意識に結びつけてくれることを期待しています!

最後に3つ大事なことをお話ししました。

1)ケガをしないこと

2)栄養を摂ること

3)自分自身の成長で自信をつけていくこと

この3つをするためにやることや意識することがありましたね。

もう一度思い出して、この夏コツコツと(隣の家に音が聞こえるくらい)積み重ねってください!

トレーニング中や、個々の質問タイムでも大事なことをお話ししました。

キーワードは、「パワースポット」「観察、イメージする」「真似上手になる、なりきる」。

振り返って思い出したことはありますか?

今回参加された子供たち大人の方々は、もうスケート仲間です!

リンクで会ったら、いつでも声をかけていただければと思います。

小学生も中学生も高校生も、良い報告が聞けることを楽しみにしています。

その際は、約束の「ハイタッチ」をしましょう(*^▽^*)/

指導する側としては、まだまだ実力不足ですが人生の大先輩、過去に活躍された先輩選手に温かく見守られながら、現役選手が子供たちに教える意義というのを考えることができました。

私も、しっかり子どもたちにスケートに取り組む姿勢を示していきます!
そして、しっかり証明します!

松本まで足を運んでくださったみなさん、ありがとうございました。

Profile

小平奈緒(こだいらなお)

社会医療法人財団 慈泉会 相澤病院 所属

  • 生年月日 1986年5月26日
  • 出身地 長野県茅野市
  • 身長 165cm
  • 血液型 A型

ベストタイム

  • 500m 37.29(日本記録)
  • 1000m 1:13.98(日本記録)
  • 1500m 1:55.40